手作りウェルカムボードにお花を付ける方法。接着剤は何がベスト?

ウェディングアイテムやウェルカムフラワーとして人気のウェルカムボード。

ご自分で手作りされる方も多いのではないでしょうか?

このページでは、フレームにお花をセットする方法を2パターンご紹介しますね。

お花は造花・アーティフィシャルフラワーを使っています。

目次

お花を根元でカットor茎を抜いて、グルーで貼り付ける

とっても簡単で、初心者さんでも楽々できちゃう方法です!

お花が盛り上がりすぎることなく、フレームと一体化するので、デザイン的にも綺麗です。

接着剤はグルーガンがベスト!

私いつもが使っているのはこちらの高温タイプ↓

トリガーを押して、樹脂製のスティックを熱で溶かしながら接着していきます。

スティックは別売りです。

高温用、低温用があるので、グルーガンに合ったものを選んでくださいね。

グルーガンは百円ショップやホームセンター、手芸店でも手に入るアイテムです。

冷めるとすぐに固まるので、ほんの数秒押さえておくだけで、お花を好きな方向に傾けることができます。

お花をフレームの周りに仮置きして、レイアウトが決まったらペタペタ貼っていくだけです。

フォトフレームやボックスなど、小物のデコレーションにも使えます。

フローラルフォームを貼り付けて、お花を指していく

フローラルフォームというスポンジのようなものを小さくカットして、フレームに貼り付けます。

そこに、お花の茎を指していきます。

お花やフレームの色に合わせたカラーフォームが目立たなくておすすめです。 生花、プリザーブドフラワー、アートフラワーに兼用できるフローラルフォーム。

お花を乗せたい部分にフォームを貼り付ける↓(硬化が早いグルーガンがベスト)

このフォームの部分にお花の茎を刺していきます。

抜け落ち防止のために、木工ボンドを付けながら刺していきます。

茎はこんな感じで短くカット↑するか、ワイヤーを付けましょう。

木工ボンドは乾くのに時間がかかるので、刺した後もレイアウトの変更ができます。

やり過ぎるとフォームが崩壊してしまいますが・・ この方法は、高さが出るので、大きめのフレームやボリュームたっぷりに見せたい場合、また、お花の高さや種類を変えて高低差をつけたデザインなどにおすすめです。

ウェルカムボードにお花をつけていく方法を2パターンご紹介してみました。

初心者さんにも作りやすい、簡単な方法です。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。 ウェルカムボードの作り方を動画で紹介しています↓

目次
閉じる