おうち花日和
お花とおうちライフ
作ってみよう!実践編

お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part2】

お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part1】 に続いて、お道具その2です。 これから造花、アーティフィシャルフラワーアレンジを始めてみたい方、現在独学やスクールでお勉強中の方、仕事として制作やお教室をなさっている方の参考になればと思います♪

定規

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイメイ藤井 すべらないカッティング定規 50cm ACJ1000 1個
価格:810円(税込、送料別) (2016/11/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レイメイ藤井 すべらないカッティング定規 30cm ACJ555 1個
価格:444円(税込、送料別) (2016/11/15時点)

すべらないカッティング定規、50㎝、30㎝
型紙のカットやリボン、パーツや作品サイズの確認、左右のバランス、高さの計測、花材の長さワイヤーの長さ・・
私は作業している間中ありとあらゆるものを測っているので、定規はずっと机の上、手元に置きっぱなしにしています。

特に50㎝が便利!

以前はすべてメジャーを使って測っていたのですが、引き出す時に両手がふさがるし、出したり引っ込めたりの手間がかかるし、柔らかいメジャーはふにゃふにゃで使いにくいし、金属製の固いメジャーは出し入れの時に手を切りそうで恐い^^;

『シャッ!』という音も嫌い・・


エレガントな雰囲気の自宅教室や出張レッスンなどでは、メジャーを可愛くデコったり、持ち運びや省スペースのことを考えれば良いと思うのですが、ショップの商品作りや、レッスンのサンプルの製作時などは、
整理整頓、スッキリシンプル、お掃除しやすく清潔、作業効率優先。

メジャーよりも、定規の方が断然作業効率が良いです。


ペン立てのようなお道具スタンドに、工具類、グルー芯、ワイヤー、ミニコロコロ、定規など、全て立てて収納していて、サッと取り出してすぐ使えるようにしています。

パッと片手で計測ができてとても便利♪


作品サイズの比較や左右のバランス合わせの時は一瞬で測れます。

慣れている人は感覚で挿せると思いますが、慣れないうちは絶対に測ったほうが正確です。


同じバランスで作っているつもりでも、左右に偏ってしまったり、歪みが出てしまったり・・

慣れていてもサイズが大きくなってくると微妙にバランスが偏ったりしてしまうので、アウトラインはちゃんと測った方がバランスが狂うことなく美しく仕上がります。


リボンボウなどで1M以上の長いサイズを測るときも、テーブルに定規を置いたまま測って足し算するだけ。まずメジャーを長~く伸ばして、リボンと一緒に持って・・とサイズを測るよりも早いのです。

誤ってメジャーとリボンを一緒に切ってしまうこともありません。←お教室あるあるです。


裏側の滑り止めと、ステンレスエッジも便利!

型紙をカットしたり、ベースのスタイロカットで定規を当てて真っすぐにカットしたいことも多いので、綺麗なカットと怪我防止のためにも滑り止め機能は必須。(※スタイロフォームについては次のページで説明します)

カッターから定規をガードしてくれるステンレスエッジも快適。

機能の優れた使い勝手の良いお道具は作業効率が上がり、イライラすることがなく本当に重宝します!

大きな縫い針と丈夫な糸

当店では、リボンや布物の縫物、チクチク作業も多いのでふとん針と、工作用の糸を使っています。


長くて大きな針は持ちやすくて縫いやすい、刺しやすい、糸通しも楽。細く小さな針を使うのと違い、糸通しも簡単で、ザクザク縫えちゃいます。


ワイヤーなどで、リボンをチクチクするのはうまく通らなかったりグニャグヤして、イラっとするので、早い段階で布団針に切り替えました。

お稽古サロンの生徒さんなどは、針と糸や縫い物自体に抵抗がある方、面倒に感じる方もいらっしゃると思うので、ワイヤーでチクチク、もケースバイケースでチョイスしても良いと思います。


ギャザーをキューっと絞ることが多いので、強く引っ張っても切れない工作用の糸を使っています。普通の縫い糸だと強く引っ張るとすぐ切れるので、せっかくチクチク縫ったのに、ブチっといってしまって、悲しい思いをします^^;


切れないかな・・と恐る恐る作業をするよりも、初めから丈夫なものを使う方が安心です。

ピンセット

あると便利な大きめピンセット。

パーツを掴んだり、ファイバーを押しこんだり・・細かい作業がストレスなくでき指先も傷めません。
 

ボンド


お花を刺す時にワイヤーに付けながら刺していくと、時間をかけてゆっくり固まってくれます。

途中でやり直す事もできて、半日〜1日ほど経って乾いたらしっかり固まるので安心です。


ツリー型やトピアリー、ラウンドアレンジのフォームの固定など、時間をかけて角度をまっすぐ整えたい時、また、グルーガンよりも強力に接着したい時にも向いています。

フォームセットの時は、グルーだけでは弱く外れてしまうことがあるため、木工ボンドと併用して、よりしっかり固定ができるように使っています。


グルーガンはガラスや金属との相性があまり良くありません。そういった花器のと接着は、木工ボンドや多用途ボンドを使用した方が安心です。


自宅用なら何となくくっついていれば良いのでグルーでも十分ですが、ショップの商品やギフトは輸送時の衝撃や耐久性を考えしっかり接着することが必須です。

心を込めて作った作品や、大切な方への贈り物で、花器からパカっと外れた、お花が抜けた・・なんてことになったら悲しすぎます。


接着はやり過ぎるくらいでちょうど良いと思います。

多用途ボンド

約4分で動きづらくなり、実用強度は1時間後、24時間で完全硬化します。

グルーガンでは強度が心配、木工ボンドよりも早く固まって欲しい時に。


金属やガラスの接着、ベースセット、布小物、コサージュなどの接着に、万能で使いやすい接着剤。一本あると便利です。
 

ワイヤー


最初に最低限揃えるなら地巻きワイヤーのグリーン
#20、#22、#24が使いやすいと思います♪


数字が小さい=太い
数字が大きい=細い

私は白、グリーン各、#18、20、22、24、26を使い分けています。


お花の茎と色を合わせたい時はグリーン、白っぽいアレンジを作るときはホワイトのワイヤーが目立ちません。


が、当店はお花を密に入れるアレンジが多いので、リボンの根元やワイヤリングリース、ワイヤリングブーケの根元などの目立つ場所でなければ、アレンジにはどちらを使っても仕上がりは変わりません。

生花やプリザーブドフラワーのように、茎に挿して使う、ということがないので、裸ワイヤーは使いません。

使っても特に支障はありませんが、ワイヤリングでガーランドやブーケを作る時はテープを巻いてカバーしましょう。


繊細な柔らかい花材、薄手のオーガンジーリボンなどのワイヤリングは#26を使っています。
お教室や作品によって、おすすめサイズはそれぞれ違うと思います。

パーツやフォームの形状、強度に合わせて、各パーツに巻きつけやすい、取り付けやすいこと&花の重みを支えられること、ベースに挿しやすいことが太さを選ぶ基準です。

造花・アーティフィシャルフラワー のワイヤリング方法 このページでは、造花・アーティフィシャルフラワーのワイヤリングの方法や適切なワイヤー選び、大切なポイントなどをお伝えしています...

フローラルテープ、フローラテープ

フローラルテープ、フラワーテープ、フローラテープ、お花のテープ、など、メーカーさんによって商品名は色々。

カラーもたくさんあります。


フラワースクールなどでメジャーなのは日本デキシーさんの「フローラテープ」で、当店でも昔からこちらを使っています。


別のメーカーのものも殆ど変わりありませんが、伸び具合や、粘着具合、色などが多少異なります。


主にワイヤリングしたお花の茎に巻きつけてカバーするためのフローラテープ。ブーケやガーランドなど、ワイヤーを組んでいくアレンジの時にも、少しベタつきがあるので、茎の滑り止めも兼ねて組みやすいようにテープを巻きます。

フローラテープは目立たない部分に使うので、お花の茎の色に合わせてライトグリーンやモスグリーン、お花全体が白っぽい時や白い壁に飾る壁飾りの時はホワイト、髪飾り用のお花はブラウンやブラック・・
など、花材や飾る場所にできるだけ同化するように、ケースバイケースでセレクトします

ライター

リボンの端のほつれ止めに♪あると便利なライター。


火を近付けすぎると焦げちゃうので、スレスレで熱を当てて処理します。手で持つところと着火口が離れているものが安全で使いやすいです。


100円ショップのものや量産品でも全く問題ありません。

ただ、よく使うものなので、可愛いお道具で創作意欲をUPしたり、教室などで使用する時は、見た目にこだわってセレクトするのも楽しいかもしれませんね。
 

ベビーファイバー


お花とお花の隙間から地肌(フォームやワイヤー?)が覗く時のカバーに。コットンのようにくるくる丸めて詰め込んでいます。


当店ではホワイト、グリーンをアレンジに合わせて使い分けています。

大きな隙間にはお花やアジサイなどの、花材をプラスするのですが、少しの隙間もなくぎゅうぎゅうにお花を詰めるのはNG。

陰影がなくなりアレンジがペタ―っと、窮屈に見えてしまいます。


少し陰影や奥行きを出すためにも、隙間はきっちきちに埋めすぎない方がナチュラルで綺麗。小さな隙間は花材ではなく、こんなファイバーでカバーしています。

小さくちぎって、コットンボールのように丸めて隙間が気になるところに詰めていきます。


白とグリーンがあると便利。


天然素材なので、隙間から覗いても自然

。毛足が長く、接着剤で固定しなくても繊維があまりこぼれ落ちてこないのが利点です。


丸める時は繊維が舞うので、コロコロ、マスク必須です!

暇な時にコットンボールのようにくるくるまとめて、ケースにストックしています。

両面テープ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

【IB】両面テープ 10mm 幅 25m [KAL]
価格:266円(税込、送料別) (2018/6/20時点)

リボンパーツ作りや布小物作りに便利。

タックも綺麗に入れられます。強力タイプ、10mmと、15mmのがヘビロテです。


100円ショップのものでもOKですが、手で切れるもの、「強力タイプ」が接着力が強くて安心です。「貼って剥がせる」みたいなものはすぐに剥がれるため、避けた方が良いです。

お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part3】 ベース・フォーム スチロール球 【ママ割エントリーでポイント最大31倍】発泡スチロールボール 50mm 10個入 スチ...