【無料動画レッスン】インテリアフラワーティースタンドアレンジの作り方

ティータイムやテーブルデコレーション、インテリア雑貨やアクセサリーのディスプレイにぴったりの2段トレイの作り方を動画でご紹介します。

このタイプのアレンジは、気軽に楽しむのなら、トレイの上に、お花を乗せるだけでもOK。

ですが、土台を仕込んだり、グルーでお花を固定してあげることで、花向きや高さ、形を調整することができて、完成度がアップします。

デザインのポイントや作り方のコツなども解説しています。

フラワーアレンジメント を美しく見せるには、ちょっとしたコツがあります。

「何となくお花を乗せていく」のではなくて、お花の向きや作品全体のバランスを考えながら作っていくと、見違えるほど美しく完成度の高い作品になりますよ。

2段トレイの作りのデザインのポイントは、動画の後にご説明しています。

ほんの数分で簡単に学べる知識なので、ぜひ解説までご覧になって、ワンランクアップした素敵な作品を作ってくださいね^^

2段トレイのフラワーアレンジメント  作り方動画レッスン

それでは早速、動画をご覧ください↓

使用した材料

  • 2段トレイ
  • スチロール球(5cm)
  • リボン約40cm
  • あじさい、バラ(直径3〜5cm)


下に入れるお花の高さは6cmくらいで揃えています。

使用するお道具

  • グルーガン、芯
  • ラジオペンチ
  • フォーム用ナイフ
  • ハサミ
  • ニッパー(ワイヤーカット)

デザインのポイント

スチロールベースのセット

今回使用したトレイは、分解できないタイプだったため、スチロール球を2つに分けて、挟みこんでセットしました。真ん中に軸があるタイプのティートレイは、組み立て式になっていて、トレイ部分と軸部分が外せるものも多いです。

そういう時は、分解して、スチロール球の真ん中に穴を開けてから軸部分を差し込みます。

ケースバイケースで方法を考えましょう♪

お花は盛りすぎず、少なすぎず

小さめの器にアレンジする時は、お花をモリモリにしすぎてしまうことも多いのですが・・このタイプのデザインは、あまり盛り過ぎると窮屈で、形が綺麗に見えません。

逆に少なすぎても未完成に見えてしまうので、以外に分量の加減が難しいです。

しっかり「くびれ」を作る

真ん中にしっかり「くびれ」ができていると綺麗です。

器の縁は少しだけ見せる

外側は、器の縁ギリギリのラインに揃えました。器の縁は、通常は隠すことが多いのです。ですが今回は、スカラップの可愛い形と、器と花の分量のサイズバランスを考えて、縁をチラチラっと少しだけ見せるデザインにしています。

お花のアウトラインは低めに。

トレイの下のカーブを上側にリピートするようなイメージで、平ため、上むき気味にお花を入れました。

「矢印を入れている部分」と、「リボンとお花の境目」に「くびれ」を作ると形にメリハリが出て綺麗です。

上までモリモリににお花が入っているよりも、低めに抑えるのがグッドバランスに見えます。

寒色系のグラデーション

ブルー、パープル、モーブピンクのミックスカラーで統一感を出しました。

寒色系のグラデーションで優しさや癒しを感じる色合いにしています。

アクセサリートレイにも

今回はテーブルアレンジにしたかったので、上下のトレイにお花を入れました。

上のトレイにはお花を入れずに、ピアスやネックレスなどを置けるアクセサリートレイにしても素敵でしょう。

サイズは小さいけれど、意外とデザインのポイントが詰まっている作品だと思いませんか。

ティータイムや、ディスプレイにおすすめのフラワーアレンジメントです。
素敵な暮らしに、ぜひお役立てください。

お揃いのお花を使った作品はこちらから↓

レクチャーの中で、わかりにくい部分などがありましたら動画のコメント欄から気軽にお問い合わせください (*´꒳`*)

Hana

作品販売やフラワースクールの経験を生かして、お花に関する情報発信をしています。 おうちでのんびり物作りをしているのが幸せな引きこもり体質です。 |管理人につ...

プロフィール

関連記事一覧