お花の販売やレッスンするのに資格は必要?私にもできるでしょうか?

l

読者さんや受講生さんから多く寄せられる質問です↓

お花の作品を売ったり教室を開いたりしたいです!資格がなくても大丈夫でしょうか?私にもできるでしょうか?

勉強を始めた頃ってなかなか自信が持てなかったり、「大丈夫!」と誰かに背中を押して欲しかったりしますよね。

今後同じような悩みをお持ちの方に参考にしていただけるように、私の考えをお伝えしていきますね。

目次

前提として、お花の作品を販売したり教えたりするのに資格は必要ない

花の資格のほとんどは民間資格。NFDなどの古くからある資格制度もあれば、独立して新しい資格制度を作っていくデザイナーや講師も多いので、実績や講師の数、レベル、受講課題、レッスンスタイルや規約なども様々です。

フラワー装飾技能士というフラワー装飾に関する唯一の国家資格もありますが、医師や弁護士、理美容師などとは異なり、フラワーデザイナー(お花やさんやスクール講師など)になるための資格取得の有無は法律で定められている訳ではありません。

そもそもお花って、ただ咲いていて、自然界に生きているだけの「植物」なので、
本来ルールなど何も存在しないもの。

そこに、生け方、挿し方、差し向き、組み方、色合わせ、バランス・・などデザインの形を考えて、トレンドや個性、綺麗に見える法則などに当てはめてみたり、、という芸術の世界ですよね。

もちろんお花の処理方法などは知っていた方が花持ちが良くなったり、デザインの幅が広がったりします。

ある程度いけ方の法則に基づいて作った方が崩れない頑丈さや綺麗に見えたり自然に見える、という事はあります。

決められた位置、イメージどおりにしっかりお花を配置することができる技術も大切です。

ただ・・トッププロや有名なフラワーアーティスト、デザイナーが

「〇〇協会の認定資格を持っています!」

「ディプロマを取得しました」

と「肩書き」としてアピールすることはあまり無いですよね。

一律に同じような材料を使って、同じルールに基づいて、同じ作品を作る、それを広めていくようなシステムの場合、個性や自分らしさとは真逆であるとも言えます。

大きな団体になればなるほど同じ資格を持っている人、同じようなことができる人が沢山いるということですし・・。

芸術や創作を学ぶ人が本来やりたいことって、
「認定校」とかではない気がします。

資格を取る場合、「肩書き」や「自信」のためというよりも、「自分の表現したいもの」、「やりたいこと」に生かしたくて学ぶ方が多いのではないでしょうか。

最初の一歩が踏み出せない方、不安な方は資格を目指すのもあり!

「こういう感じのものを作ってみたい!」と思いついたとしても、
どんな構造になっているのかわからないし、適当にやってもなかなか上手にできないし・・

見様見真似で頭に思い描いたものを形にするのってなかなか難しいですよね。

そうなると、スクールなどへ行って、土台のセット方法やお花の処理方法、花束やアレンジメントのパターンなど、先人たちが開拓、習得したノウハウを教えてもらうほうが近道です。

体験レッスンなどに行くと、だいたい「単発レッスン」「資格コース」などがあって、一通りいろんな作品を作ってみたいなら「資格コース」がいいのかなぁ?教えたりできるようにもなるみたいだし・・♡という流れになることが多いですね。

一言に「資格」といってもスクールによって
短期集中で1回ずつサンプルと同じものを作っていけばOKといったようなものから、ありとあらゆる技術+厳しい実技試験、研修制度などを網羅しているものまでさまざまです。

自分のやりたいこと、表現したいものに必要な技術や知識が学べるかどうかがポイントかなと思います。

資格取得のメリット

指導する講師や主催者がこれまでに学び、独自に研究してきたノウハウや経験など、貴重な教えを伝授してもらえるので、知識や技術を学ぶ時間のショートカットができます。

多くの時間と高額な費用を投資する分、自分の本気度も上がります!

ディプロマを取得することで、販売や教室運営など、次のステップにも踏み出しやすくなるでしょう。

特に最初のうちは肩書きがあった方が安心できる人も多いです。

自信がなくて踏み出せない・・という方は、早い段階で資格を取ってしまうのも一つの方法だと思います。

資格取得のデメリット

最も大きな負担は、高額な費用と時間ではないでしょうか。

ベーシック、アドバンス、ディプロマ・・など、スクールによってカリキュラムなども多岐に渡りますし、入会金、コース毎の修了証発行、材料費、受験料、補講代、ディプロマ料、資格取得後の年会費、作品展やイベント、ブラッシュアップレッスンなど延々と出費が膨らんでいくことも・・(教室によって異なります)

資格を取ることで得られる知識や技術、肩書き、サポートなどの恩恵に見合うのであれば、一概に高いとも言い切れないので、その辺は自分がどこまで活用できるかのバランス次第です。

ただ、資格は取ったものの、思ったほど肩書きとしての効力がない、習った作品しか作れず応用力が身に付いていない・・と感じたり、ロイヤリティーや年会費、厳しい規約に縛られたりなど、長く継続するうちに認定講師としての活動が負担になってしまうケースもあります。

取得時の契約で独立や退会後の技術・デザインの利用を禁止しているところも多いため、一度認定資格の看板を掲げて生徒さんを集めてしまうとなかなかやめることができなかったり、自分のスタイルで自由に創作を楽しみたい人には足かせに感じてしまうこともあるかもしれません。

私もかなりの費用をかけて資格取得したものの、あれもだめ、これもだめ、「これやったら罰金○十万円」みたいな厳しい規約を資格取得後に提示されて「もうちょっと自由に活動できるところで勉強すればよかった」『取らなきゃよかった・・』と後悔したことがありますw。

様々な側面があるので、費用、学べる内容、資格取得後も活動・継続しやすいかどうか、などのメリットもデメリットを踏まえた上で、慎重に選ぶ必要がありますね。

「資格は取ったけど自信がなくてできない」という人もたくさんいます。

ちなみに私が資格取得したばかりの頃は「もっともっとスキルを磨かなくては!」「上手な人がいっぱいいるーー!」と逆に焦って、ブラッシュアップのために複数のスクールへ行ったり別の資格を取ったり、を繰り返していました。

学べば学ぶほど自分の未熟さが分かってきて、先生になってからも、

「もっと上手な人や詳しい人はたくさんいるのに、私が教えてもいいの??」

と、ぐるぐるしていました。

むしろ勉強すればするほど焦りを感じてしまったり・・

自分よりも上手な人、詳しい人にどう思われるかが気になってしまう・・

これって結構陥りやすい思考ではないでしょうか?

今振り返ると、そんなこと気にするだけ無駄!と思うのですが。

ハイ、気にしなくて大丈夫です。

自分よりも上手な人がいたら売ったり教えたりしてはいけない!となると、日本一上手な人や世界一上手な人しかできないという事になります。

やってもいいのは世界トップレベルの数人?となるとお花のマーケットだって広がりません。

そもそも芸術やデザインの世界って、「好み」に左右される部分も大きく、「上手い」「正しい」「ルールに基づいた」作品よりも、色使いや世界観、「その人らしさ」が伝わってくる表現に魅力を感じませんか?

お花を学びたい人、購入する人が求めることは人それぞれ。
いろんな表現、いろんな作風、いろんな人から見た切り口があっていいと思います。

その時精一杯のスキルと表現で作品作りをしているうちに、「いいな」って感じた人が少しずつ集まってくる、そんな感じです。

自信ないけど、上手な人は沢山いるけど・・と思いながらも踏み出して、続けてみると、新しい世界が広がっていきます。

そもそも、ものづくりに真剣に取り組んでいる人は、自分のお客さんや自己成長のために頑張ってきた人なので、人の作るものを批判したりなんてしないでしょう。

私も、自分好みじゃない作品を目にしたところで、特に何もありませんし、この人はこういうのが好きなんだな、頑張って勉強中、成長中なんだな、くらいに思う程度です。

始めたばかりの人も、世界レベルの人も、物作りをする人は皆、良いものを作ろうと頑張っているはずです。

誰にだって初心者の頃はあったはずですし、成長のスピードも、タイミングも、現在地点もいろいろ。

人の好みは百人百様ですから・・それぞれがその時持っている力を尽くして、思い思いの作品を作ればいいと思うのです。

何かを始めてみること、達成できた成果や成長、ゴールに辿り着くまでのプロセスも、全てが必要で完璧で、尊い経験です。

決めるのはお客さんの自由。

SNSで発信していれば、見知らぬ人から「作ってもらえませんか?」と頼まれることがあるかもしれません。

ニーズがあればお家でオーダーを受けながら小さくお店をスタートすることもできます。

自分の好きなものを作って、仕事にしていきたいという思いがあって、一人でも「習いたい」「作品が欲しい」と思ってもらえるなら、それを提供しないなんて相互にとって損失だと思いませんか?

注目すべきは未来のお客さんになってくれる人。自分の一歩後ろを歩いている人です。

なにも、その道の重鎮や自分よりもうんと上手な人に認めてもらう必要はないんです。

万が一陰で批判するような人や見下すような人がいても、あなたの「お客様」ではありません。

関係ない人の評価や批判を恐れてチャレンジしないなんて、もったいないと思いませんか?

販売をしたい、レッスンをしたい、と思った時、大切なのは、未来のお客様や生徒さんにどうやったら届けられるか?楽しんでもらえるか?ということ、そして自分自身も楽しむことです。

もちろん向上心は大切ですが、せっかく好きなことをやっているのに自分よりも詳しくて上手な人に批判されたら・・、まわりの人にどう思われるかな?なんて怯えながら作品作りをしたって楽しくないし、あなたらしさを表現することもできなくなってしまいます。あなたの個性に魅力を感じてくれる未来のお客様にだって届きません。

作品が欲しいけど、時間がない、技術がない、材料も揃えられない・・誰か代わりに作ってくれないかな?という人だっているでしょう。

お花を1年続けているなら、1年前の自分よりも知っていることはたくさんあるはずです。2年、3年と続けていれば、普通の人よりも詳しくなっているでしょう。

過去の自分のような人に、自分が当時わからなくて困ったこと、改善してきたことを形にしたり、教えてあげたりすれば、きっと喜んでもらえるはずです。

必要としてくれる人に届けばOK!
あなたとお客さんがHappyならオールOKです!

最強の上達法はアウトプット


自信がないからできない、始めない、では何も変わりません。

自信がないから始める、始めるから上手くなる!なのです。

やり方がわからなければ、勉強してまずは自分が思うような作品を作れるように頑張る!
資格を取るのもありだし、今はYoutubeでもたくさんの情報が得られるし、本で理論を学んでもいいし、作品作りを重ねながら独学で研究してもいいし・・ぶっちゃけ方法なんてなんでもいいんです。

ある程度形になってきたら、作品を公開したり、人にプレゼントしたり表現したり、レッスンしたり、販売したりすることもできます。

人に見られることを前提にすると、もっと素敵なものを作りたい、写真の撮り方を工夫したい・・とクリエイティブになれます。

人に教えようと思えば、分かりやすい指導方法を研究したり要点をまとめたり・・大切なことを再認識できます。

販売してみると、どういう作品にニーズがあるのか、自分の得意なスタイル、効率の良い作品作りの方法が分かってきます。

そこでうまくいかなかったり、弱点に気付いたら、やり方を改善していけばいいだけです♪

どんな結果であっても『失敗』ではなく、成長の為に必要なデータ、フィードバック、実験結果みたいなもの。挑戦した人、実行した事だけに返ってくるご褒美みたいなものですよね。

まずは学んで、作ってみる、教えてみる、販売してみる・・・

やりたいと思うなら動いてみることが成長の近道です♪

あなたがやりたいことは何ですか?

  • 教室をしたい
  • お店で販売したい
  • ウェディングがやりたい・・
  • 1人黙々と作るのが好き
  • 情報発信や人と関わることが得意!

・・といった具合に、強みや好きなこと、やりたいことは人それぞれ違います。

あなたがこれからやりたい仕事・活動に資格が必要だと思うなら思い切って時間とお金を投資して資格を取ってみる、

必要ないと思うのなら、資格を取らずに趣味コースや独学でもいいし、研究努力して人に欲しいと思ってもらえる物作り、仕事作りを目指してみましょう!

どちらも一長一短、自分の意思で決めるのが大切

結局決めるのは自分です。

自信がなくても、いくら周りに批判されても、やる人はやるし、
どれだけ周りに応援されても、チャンスがあったとしても、やらない人はやりません。

別に間違えたからって人生終わりじゃありません。
やり直せるから、大丈夫です。

とりあえず、今の自分がベストだと思う選択をして進んでみる、そして、

「やっぱり資格があった方が活動しやすいな」と思えば改めて勉強すればOK

「資格は取らなくてもよかったな」「かえって活動しにくいな・・」と思ったら、また新しいスクールで学び直したり、独学で研究したりすればいいのです。

何が正しくて何が間違っているのか、あなたにとってどの道に進むのがベストなのか?
やりたい事も特性も、理想の働き方も、皆違うので、自分自身でやってみなければ分かりません。

失敗前提で行く!くらいで丁度いいです。

結局は「やりたい!」と思ったことを自分で決めて、進んで、失敗したら改善!そしてまたやりたい方向へ進む!というのが最強なのではないでしょうか。

成長が早い人を見ていると「相談する前に始めてる!」「行動量、実行数が多い!」「いつの間にかできるようになってる!?」「失敗してもタダでは転んでない!」というパターン・・

その決断力や行動力は見習いたいものです。

他の人がそうしているから・・

周りにどう思われるか心配・・

安いから、高いから・・

得しそう、損しそう、

時間がないから、忙しいから・・

不器用だから・・

迷うための理由はいくらでも見つかりますが、

大切なのは自分がどうしたいか?です。

ご自分に合った選択ができますように♪

 

目次