おうち花日和
お花とおうちライフ
作ってみよう!実践編

15分で完成!簡単可愛い造花のミニリース♡作り方を動画でご紹介

15分で完成する可愛いミニリースを手作りしてみませんか?

材料はお好きな造花(アーティフィシャルフラワー )とフローラルテープ+リボンだけ!
少しのお花と少しのお道具でできちゃう超簡単なミニリースです。

作り方は動画でご覧いただけるので、初心者さんでも大丈夫!


お花選びの注意点や材料の購入先リンクもご紹介しているので、すぐに始められます。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

リース作りの材料とお道具

  • ピオニー3色×3輪ずつ
    ↑造花(アーティフィシャルフラワー )
  • 15ミリ幅のリボン1M
  • ワイヤーがカットできるニッパー
  • フローラルテープ
  • リボンがカットできるハサミ

造花のミニリース 作り方動画レッスン

スマホの方は横向きが見やすいですよ ♪

ミニリースは初心者さんにもおすすめ!

動画は11分ですが、の〜んびり作って、早送りはしていません。
多分15分くらいでできるはず・・

テーピングに慣れている人ならもう少し早くできそうですね。

お花も3色×3輪ずつ、花選びにも迷うことはありません。
順番に合わせていくだけなので、配置も分かりやすいですね。

2色を交互に合わせたり、1種類のお花だけでも作ることができます。

バラやガーベラ、カーネーションやマム、紫陽花などで作っても可愛いです。
大きなお花を使えば大きなリースになりますよ。

少しのお花と少しのお道具でできちゃう超簡単なミニリースは手作りに慣れていない初心者さんにもおすすめです。

リースに合わせやすいお花は?

ウェルカムボードやフレームアレンジと同じで、あまり高さを出さない方が綺麗なので、縦長、細長になっている、蕾のようなタイプのお花は向きません。

平たく広がっているお花を使うと、ワイヤーやお花同士の隙間が綺麗に隠れて、見た目にもボリューム感が出て綺麗です。

リースに合わせやすい造花(アーティフィシャルフラワー)はバラ、ガーベラ、ラナンキュラス、ピオニー、カーネーション、マム、紫陽花など。

注意点

茎の柔らかいお花じゃないと作りにくいです。
硬い茎のお花は、茎を外してワイヤーに付け替えた方が良いでしょう。

リース作りのポイントは?

この作り方の場合、それほど複雑な行程はないのですが、テープを巻く時は緩まないように、ぴっちり巻くようにしましょう。

ふんわり、ゆるゆるに巻いてしまうとお花がグラグラしてしまうので、少しテープを引っ張って伸ばしながら、茎に密着させて巻いていくと安定します。

うすーくぴっちりと巻いていくのがポイントです。


コツさえ覚えればあっという間に完成します♪頑張って作ってみてくださいね!

こちらの記事もよく読まれています。