ガラスコンポートアレンジの作り方

サイズ

高さ17cm 幅奥行き18cm

テーブルアレンジとして、フレッシュさを感じるガラスの器とホワイトグリーンのお花を合わせてみました。濃いグリーンを入れたり、お花の隙間を少し広めにすることで、奥行き、ナチュラル感のあるアレンジにしています。

お花は固定をしない、後載せ式。お花や器をチェンジて着せ替えしたり、そのままテーブルに置いたり、と飾り方のバリエーションも豊富です。

コンポート、センターピースとは

コンポートとは?

コンポートというのは、「フルーツをシロップで煮たもの」、桃のコンポート、りんごのコンポート、などの意味としても使われることが多いですよね。

それに加えて、果実やケーキなどを盛る足高の器のことも「コンポート」と言われています。フルーツだけでなくお花をアレンジする花器としても人気です。

クラシックなスタイルやエレガントなお部屋、食卓によく似合うアレンジメントです。

センターピースとは?

テーブルの中央に置く装飾品のことを言います。

お花だけでなく、キャンドルを置いたり、フルーツを盛ったお皿やバスケットを置いたり、大鍋の煮込み料理なども、テーブルを華やかにするアイテムとなります。

食卓にもよく似合うガラスのコンポートに載せたフラワーアレンジメント はセンターピースにピッタリです。

お道具と材料リスト

お道具

  • グルーガン・芯
  • クラフトバサミ
  • ラジオペンチ
  • スチロールカット用ナイフまたはカッター
  • マスキングテープ
  • 目打ち・千枚通し(ベースに穴を開けて挿す際)

材料

  • ホワイトのバラ(直径7cm/H4cm)×7輪
  • ホワイトのミニローズ6パーツ(ヘッド直径4cm/H2.5cm)
  • (1パーツ1〜3輪付)
  • ビバーナム/スノーボール×10パーツ
  • ベリー×6パーツ
  • あじさい×6パーツ
  • リーフ13枚
  • 器(直径18cm/高さ8cm)
  • スチロール球8cmを1/2カット
  • ※花数はデザインによって増減してください
  • ワイヤー20番、22番、24番

お花の挿し向き

器の真ん中を基点に、外側に向かって放射状に広がるように挿します。

ナチュラル感のあるデザインなので、あまりビッシリ揃えなくてもOK。

なんとなく放射状という感じで、好みに合わせてもう少し凹凸をつけてもナチュラル感がアップして可愛いと思います。