【無料動画レッスン】ピンクの手作りハートリース 造花・アーティフィシャルフラワーアレンジ

ピンク色の可愛らしい雰囲気で、ハートのリースを作ってみました。
このページでは、このリースのメイキング動画をご紹介します!

ワイヤリングやテーピングのテクニックを活用した土台不要のリースです。

土台部分に厚みが出ないので、コンパクトなサイズ&少ない花材で作ることができるのがメリットです!

目次

このハートリースはどうやって作っているかというと・・

動画をアップしたのでご覧ください (*´꒳`*) !


全てのお花に長めのワイヤーをセットして、それをフローラルテープでまとめながら作っています。

リースには、いろいろな作り方があります

  • リースベースにお花を挿していく方法
  • お花をワイヤリングして、繋いでいく方法(←リボンリースはこちら)
  • 硬めのワイヤーで土台の形を作ってから、そこに巻きつけていく方法
  • シロツメクサの花冠のように、茎を活かして束にしながらまとめていく方法
  • ツルや茎、枝などをたわませて、輪を作り、そこにお花を取り付けていく方法
  • 市販のリースベースにグルーでペタペタとお花を貼っていく方法

などなど・・。

当サイトの講座でお伝えしているリースの作り方は以下の3タイプ

メンバーシップでは、3つの円形リースの作り方をレッスンしています。

1.土台に挿すタイプ・1種類のお花

2.土台に挿すタイプ・複数のお花

3.ワイヤリングタイプ・多種類のお花

初心者さんにも作りやすく、華やかに見えるデザインを心がけています。

基本の作り方がわかっているとサイズを変えたり形を変えたり、お花を変えたり・・と応用することもできますね。

どの方法で作っていくかは、仕上がりイメージ、サイズ、お花や材料など、複合的に考えて、いちばん綺麗にみえて、その中で作りやすい方法を選んでいます。

イメージや材料の違いでも変わるリースの作り方

  • ふんわりナチュラルに仕上げたいか、カチッと詰め気味で美しい形を作りたいか
  • 平たいお花で作るか、高さのあるお花で作るか
  • お花以外の副素材の種類(グラスボールや貝殻、松かさ、シナモン、リボンなどの取り付けやすさ)
  • 大きいお花で作るか、小さいお花で作るか
  • 少なめのお花で、またはたっぷりのお花で・・
  • どこにどんな風に飾りたいか(置いて飾るのか、掛けて飾るのか、ドアに書けるのか・・)
    などによっても、作り方が変わってきます。

材料選び、デザイン、お花選び、作り方のコツ・・たくさん学べば学ぶほど、たくさん作れば作るほど、いろんなひらめきや引き出しが増えていきますよ。

フラワースクールなどで習ったもの、How to本を見て、自分流で・・など、いろいろなリース作りを楽しんでみてください。

あわせて読みたい
リース、壁掛けアレンジの飾り方&デザインバリエーション リースとは、お花や葉っぱ、クラフト素材などで作られた、「装飾用の輪になった飾り」のこと。   「終わりがない」形から、「永遠に続く幸せ」、「幸せを呼びこむ...

ハートリースの飾り方

こちらのワイヤリングのハートリースには「掛けフック」を取り付けていません。
ワイヤーが軸になっている幅が細めのリースなので、ピンで留めて飾ります。

ハートリースの掛け方、飾り方


使っているピンやフックはこちらのページでご紹介しています↓

あわせて読みたい
造花・フラワーアレンジメントの壁飾り、ガーランドの掛け方、飾り方 インテリアをエレガントに、美しく彩るお花たち。 綺麗なものを見ていると心も癒されますね。 このサイトでは、手軽に楽しむことができる、造花・アーティフィシャルフ...

おまけ

2次元イラストになったハートリース

イラストレーターさんが、実物画像にかなり忠実に描いてくださいました。
こんなイラスト描けるようになりたい・・

目次
閉じる