フラワーアレンジメントのデザインはどうやったら思いつくの?モチベーションアップのコツは?

受講生さんや読者さんからよくいただくご質問↓

「どうやってデザインを考えてるんですか?」
「モチベーションを上げるにはどうしたら良いでしょうか?」

技術的というよりは、メンタル的な内容になるかもしれませんね。

私も普通にデザインが全然思いつかない時、モチベーションが全く上がらないことはよくあります。

それでもたくさんの作品を作ってきたのは、その逆のシチュエーションがあるから。

つまり、アイデアが浮かんで浮かんで、作りたくて仕方ない!という波が時々やってきてくれるからです。

その波を引き寄せるためには、コツがあります。

それは・・

先に行動してみること。

ちょっとでも何かを作る。 手を動かし、体を動かし、頭を使い、作業することです。

「アイデアが思い浮かばないから作れない」 「モチベーションが上がらないから何もできない」

ではなくて、

「作るからアイデアが出てくる!」 「やり始めたらモチベーションが上がる!」

ということなんです。

やる気アップのためにはこの「作業興奮」が大切なのです。

見ているだけ、考えているだけで何もしなければ、なかなかアイデアが出てきません。

基本や理論はとても大事だけど、それを

「学んだ」、「知っている」、というのと、

「できる」「やってみる」は違います。

オンラインスクール(通信講座)でも、たくさんのコツや技術をお伝えしていますが、「見ているだけ」で作らなければ、デザイン力や技術力は上がりません

作ってみると、頭も体もどんどん動きはじめます。

実際に手を動かしていると、

「なるほど、ここはこうしたら上手にできるんだ!」

「こうしたらダメなんだ・・」

というのも身をもって学習することができます。

「ここをこうやってみたらどうだろう?」

「もう少し高さをあげてみたら?」

「この色をこっちに変えてみたら?」

「思い切ってこんな形にしてみたらどうだろう?」

と、集中し始めるともう雪崩のようにアイデアが出てきたりするんですね♪

時には全然うまくいかなくて、投げ出したくなる時もありますが・・

それだって、「このやり方ではうまくいかないんだ」というアイデアの一つです。

「だったらこうやってみよう!」 というアイデアの元になります。

順番が逆

「初心者だから、自信がない、できない」
 ↓
「やってみるから初心者じゃなくなる、自信がついていく」

「失敗するのがこわい」
 ↓
「失敗を経験して、改善していくからどんどん良くなる、失敗が怖くなくなっていく」

できないから、やる!っていう流れができると、続けやすく、楽しくなっていきます。

まずは最初の一歩から

おやつを食べながらでも、テレビを見ながらでも、なんでも良いんです。

まずは見るだけ、考えるだけ、から、今できる小さな一歩を踏み出してみましょう♪

  • 必要なものを書き出す
  • 材料を揃える
  • 道具を揃える
  • テーブルの上に並べる
  • 1つだけ下準備をしてみる
  • 土台をセットしてみる

「アイデアが湧かない」 「モチベーションが上がらない」

というときは、一日5分でも、一つでも二つでも良いから何か作業を進めてみるとアイデアが浮かんできたり、何かを作りたくなったりすると思いますよ♪

疲れたときは無理をしない

矛盾するようだけど、これも大切なことです。

やりたくないことを無理してやる必要はありません。

焦って無理してやったら、好きなことが嫌いになってしまうかも・・

体力的に、精神的に、疲れてできない、という時にはゆっくり休んでいいんです。

思う存分休むことでまたエネルギーも湧いてきます。

その反面、作りたいのに作れない、 やりたいと思っているのに、なかなか踏み出せない、やる気が出ない、 このままじゃダメだ! という時に、

「今できることを少しだけやってみる、手を動かしてみる」

というのはとても効果的です。

物作りのヒントになれば、幸いです。

こちらでアイデア作りのヒントをお伝えしています↓

Hana

作品販売やフラワースクールの経験を生かして、お花に関する情報発信をしています。 おうちでのんびり物作りをしているのが幸せな引きこもり体質です。

プロフィール

関連記事一覧