ホワイト&グリーンのクラッチブーケ。ナチュラルスタイル、白ドレスに

造花・アーティフィシャルフラワーを使ったクラッチブーケを作りました。 ナチュラルなホワイトグリーン、清楚なイメージがウェディングドレスにもピッタリです。

目次

クラッチブーケとは?

クラッチ(clutch)というのは、掴む、握るという意味です。

デザインの種別として、茎の部分を残してナチュラルに束ねたスタイルのブーケを指します。

ラウンドブーケというのは丸い形のブーケのことなので、茎を残して丸く束ねたものはラウンドブーケともクラッチブーケとも言えますね。

カラーのブーケなどもクラッチの代表的なスタイルです↓

近年はガーデンスタイルのウエディングが人気で、こういったナチュラルなスタイルのブーケが好まれる傾向にあります。

クラッチブーケにおすすめのデザインは?

ナチュラルスタイルに合う素材で

やはり茎を残したスタイルなので、あまり人工的なイメージが強い装飾は控えた方が良いかもしれません。

ハンドルに巻くリボンはOKですが、お花の隙間にリボンを入れるのはキュートに作りこんだ感じなので、少しナチュラルなイメージから離れますね。

ビジュー、ラインストーンなどキラキラした素材も、少し人工的なイメージがしてしまうかも。

レース素材などを組み合わせる際も、ケミカルレースではなく、コットンレースや綿トーションなどマットな素材が合いそうですね。

ハンドルに巻くと可愛いかも (*´꒳`*)

おすすめカラーはグリーンやホワイト

色合いもグリーンが隙間から覗くような自然な感じや、清潔感溢れるホワイトがおすすめ。 ラベンダーやハーブなどを束ねたような、ボタニカルなイメージも素敵ですね。

通信講座・オンラインレッスンのサンプルはピンクで作りました

お花同士の高さや重なり方に差を付けたり、グリーンがチラチラっと覗くようにするとナチュラル感アップ♪

クラッチブーケの材料やお道具、作り方のポイントはこちら↓

あわせて読みたい
クラッチブーケとは?造花ブーケの作り方&デザインのポイント 動画通信講座・オンラインスクール、レッスン作品のご紹介です。 【クラッチブーケとは?】 クラッチ(clutch)というのは、掴む、握るという意味です。 ブーケの分類と...
目次